【まとめサイトビルダー機能紹介】スレを探す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
キャプチャ

まとめサイトビルダーの機能について紹介していきます。今回は記事元をどうやって検索してくるかについてご紹介していきます。

まとめサイトビルダーのスレの検索機能はこちらです。

1.勢いランキングから探す

2.カテゴリから探す

3.キーワードで探す

4.URLで探す

5.テキスト抽出で探す

それでは詳しく紹介していきます。

1.勢いランキングから探す

まずは勢いランキングから探せます。2chで勢いのあるスレが表示されています。この勢いランキングを元にスレを作るとタイムリーな記事作成ができるため、トレンドアフィリのような要素を出すことができます。

なお、画像は.netのものが表示されていますが、実際は.scのものから取得できるので転載禁止問題も安心です。 キャプチャ

 2.カテゴリから探す

おーぷん2ch、2ch.scの各カテゴリから選択することができます。

画面左側のカテゴリからも探せますし、キーワードでカテゴリを探し、お気に入りに追加しておくこともできます。

キャプチャ

3.キーワードで探す

キーワードでスレを探すことができます。キーワードを含むスレの一覧が表示されます。

ここでは2c.sc、Open2ch、爆サイ、talkから検索することができます。

キャプチャ

4.URLで探す

さらにこのキーワードにURLを入力し、「URL検索」すればURLから記事元を探し、記事の編集をすることができます。

人のまとめサイトに掲載されているまとめ記事の引用元の記事を自分でも簡単にまとめることができます。ネタに困ったたらこういう手を使う方法もあります!

キャプチャ

 

5.テキスト抽出で探す

テキスト抽出でスレを探すこともできます。他者のまとめサイトで引用元を記載していない場合でも、そのテキストをコピーして下記の画面に貼り付けて検索すれば元レスを探すことができます。一部コピーの仕方によってはできないこともあるようですが、ちゃんと貼れば結構検索できます。

キャプチャ

まとめサイトビルダーの基本的な元スレを検索する機能は以上です。

まとめサイト運営において元ネタ探しは結構きついので、他の人のサイトからスレ元を探してくることが実は結構ありえます。そんなときにこうした機能は助かります。

同じ記事を書いてどう差別化するかというとタイトルです。同じスレ元でのタイトルが違えば検索からの流入も変わってきます。もちろんまとめ方によっても差別化できますので、こうしたネタもとのパクリは結構大事だったりします笑

今回紹介しているツールまとめサイトビルダーの公式ページはこちらです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。